ベストポットとは?

ベストポットとは?

ベストポット(best pot)とは、株式会社モラトゥーラが販売する蓄熱料理に特化した土鍋です。
ベストポットは材料から細部の作り方までこだわりがあります。

三重県四日市の萬古焼の土鍋

ベストポット 萬古焼

ベストポットに使用されている土鍋の本体は、三重県四日市の伝統的な焼き物「萬古焼」を採用しています。
萬古焼の土鍋は、他の無水鍋に使われる鉄鍋などと比べて熱伝導率が低く、蓄熱性能が高い素材です。

隙間がない土鍋

ベストポット 中村製作所 下町ロケット

高度な加工が難しいと言われる土鍋ですが、ベストポットは蓄熱料理を実現させるために、鍋と蓋との間の隙間を極限まで無くしました。その精度はなんと1000分の1ミリ以下。
実は、ベストポットの加工技術は、下町ロケットで有名な中村製作所が担当しているのです。
あまり知られていませんが、中村製作所はいくつか別ブランドで独自の商品展開をしており、モラトゥーラのベストポットもその一つなのです。

鉄鋳物の蓋と裏側の形状で旨味を逃がさない

ベストポット 蓋 鉄

べすとぽっとの蓋は重量のある鉄鋳物です。
この重さにより、気密性を高め、素材の旨味を含んだ蒸気を循環させ、また熱を逃がさず効率的な無水調理が可能になります。
そして、蓋の裏側にはフィボナッチ数列で並べた凹凸が見られます。
この凸凹により、うまみ成分を含んだ水分を無駄なく鍋の中へと戻します。

ベストポットの特徴「蓄熱料理+土鍋」

ベストポット ハガマヒーター

他のページでも紹介していますが、ベストポット最大の特徴といえば「蓄熱料理ができる土鍋」という点です。
土鍋はその素材の特質から、食材全体にまんべんなく熱を通すのにもっとも向いている調理器具と言われてきました。
しかし、鉄製の鍋のような精密な加工が非常に困難なため、完全な無水調理となると実現が難しい素材でもあったのです。

しかし、ベストポットでは土鍋最大の弱点であった精密な加工を見事クリア。
それに加えて、理想的な蓄熱調理を実現するために、独特のハガマ形状に加工しています。
この工夫により、一度火にかけて鍋を温めれば、後はベストポット鍋の蓄熱性能により火を止めても食材全体に熱が通ります。
熱エネルギーも手間暇も短縮することができる一石二鳥の土鍋なのです。

なぜベストポットで作る料理はおいしいのか?

ベストポット おいしい 理由

ベストポットには上記に解説した特徴から、旨味を閉じ込める能力に長けています。
そして、ベストポットはその素材と構造から全体に均等に熱が行きわたりやすい土鍋でもあるので、調理するには恵まれた環境なのです。

ベストポット ご飯

ただのご飯や野菜を炊くだけでも、まるで別の食材を扱っているような味わいに感じられるという人もいます。
これはベストポットの蓄熱調理へのこだわりがなければ実現できない体験だといえます。

また、ベストポットは鍋の釉薬に阿蘇山の火山灰を使用しています。
これにより、安定した高い遠赤外線放射率を維持できます。
ちなみに、この火山灰はベストポットに独占使用されている特別な素材でもあります。

bestpotの課題と想い

ベストポット

冒頭で「ベストポットは中村製作所の別ブランド」と紹介しましたが、ベストポット開発にも並々ならぬ苦難がありました。

ベストポット開発には中村製作所の技術を駆使し、誤差1000分の1の精度を保証していますが、完成までには容易い道のりではなかったといいます。
伝統的な萬古焼を使用するにあたって、萬古焼のメーカー探し、素材探しなどにも苦労されたそうです。

ベストポットとは?

日本が誇る伝統技術と最高の素材、最高峰の加工技術を融合して完成したベストポット。
料理も家庭も温かくなることうけあいですよ!